或るガノタの散文的日記

カテゴリ:ガンダム( 26 )

実写版ガンダムの恐怖1

今年の冬は久しぶりに芯から冷える日々が続いておりますが皆さん如何お過ごしでしょうか?最近マックのエビバーガーがレギュラーメニューになりエビちゃんに「また会えたね☆」などどCMで微笑まれ「これが萌えというものか・・・」などと、若干危ない方向に向かっている管理人です。

さて、前回話題にしました例の実写版のガンダムゲームですがついに手に入れました!中古ゲーム屋に立ち寄ったらさりげなく売っていたのでつい購入してしまいました。そして研究室に持ち込み、教授が帰ったのを見計らって俺と友人T、後輩Kの3人でプレイしてみました。

このゲームは十字キーで移動、×ボタンで攻撃、○ボタンで武器選択、□ボタンで防御、△ボタンでその他アクションとなっていて、ムービーが流れる途中に選択を迫られます。ムービーは↓のように気合が入っていますがボーっとしていると死ぬので全く気が抜けません。ちなみに選択肢はだいたい10択ぐらいになるのですがどれかひとつの選択肢が正解で、間違った選択肢を選ぶと大抵は死にます

a0043795_2554915.jpg


主人公が乗っているらしき車がザクマシンガンによる爆風で横転!慌てて倉庫の中に入ったらそこはガンダムが格納されている倉庫でした。そこで何やら声が・・・

a0043795_256309.jpg

民間人じゃないか・・・誰でもいい、パイロットはみんなやられた!そこのエレベーターからガンダムに乗り込んでくれ!

まぁ実写とあらかじめ分かっていましたがいざとなると手の震えが止まりません(笑いで)ってか「誰でもいい!ガンダムに乗ってくれ」って・・・(苦笑)そしてそうこうしている内にザクが進入・・・って、え?え?

a0043795_2583632.jpg

               ぱんぱんぱん
a0043795_2591824.jpg

               カンカンカン
a0043795_2594722.jpg

               ちゅど~ん
a0043795_30672.jpg

               ちゃら~ら~

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・何が何やらワケの分からぬままゲームオーバーになりました。どうやらタイミングよくボタンを押してエレベーターに乗らないと即死するようです。こういうゲームだと知ってはいましたがあまりのことに3人ともしばしボーゼン・・・そして数秒後には爆笑の渦に巻き込まれていました。ってかザクマシンガン数発でやられる最新鋭のMSって・・・。

そして何度もコンテニューを繰り返し何とかガンダムに乗り込み襲ってくるザクにバルカンで応戦!

a0043795_3163860.jpg


こっちはザクマシンガン一発で即死なのに2回食らわせてようやくザクを倒しました。ここまでで約1時間経過・・・たかだかザク1体倒すのにこんなに時間が掛かるガンダムゲームはこいつぐらいなものでしょう。そしてブライトさんの指示で倉庫から出るのですが、倉庫を出る前に横にあるシールドを装備してから出ないと出た瞬間デニムのザクのヒートホークに真っ二つにされます。ここで死んでもまた1からやり直し・・・まさに漢のゲームです。

デニムのザクを倒すと爆風でコロニーの外まで吹っ飛ばされます(ちなみに爆発した時、瞬時にシールドで防御しないと即死)。ホワイトベースが合流するよう呼びかけてきますがそこにたちはばかるザクの小隊。

a0043795_3303845.jpg

ん?その中に赤いMSがいるが・・・ま、まさか!ヤツが来たのか!!

a0043795_3323735.jpg

ーーーーーーーーーキターーーーーーーーー!!!!!!


出ました!これが噂のケツ顎シャアです!ガンダムさんのシャアよりヒドイですねこれは。いや、似ている似てない以前に品が無い。とりあえずマスクとヘルメットをつければ誰でもシャアを名乗れるようです。もうこのシャアが出てきた時は3人とも笑いすぎて死ぬかと思いましたwこんなシャアですが声はしっかり池田秀一さんが演じておられます。仕事とはいえ本当にお疲れ様ですm(_ _)m

そしてザクの一斉射撃を↑でかわせばようやくステージ1クリアでパスワードが出るのですが笑いすぎて力が入らないのでステージ1最大の難関と言えるでしょう(笑)さて、記事にしたもののいざ書いてみると思いのほか長くなりそうなので続きはまた次回に改めます!これを見て萎えた方ももう少しお付き合いください(苦笑)
[PR]
by ray_ms06 | 2006-01-15 03:52 | ガンダム

速報!

前回の記事で紹介しました実写版ガンダムゲームですがついに手に入れました!近日中になるべく早くレポートしたいと思いますので乞うご期待(?)です!
[PR]
by ray_ms06 | 2006-01-12 00:55 | ガンダム

誰でもいい!ガンダムに乗り込んでくれ!~最狂ガンダムゲーム紹介~

ぼちぼちお正月も終わり社会人の方はもちろん学生の方も忙しい日々をお過ごしかと思います。さて今回は今年一発目のガンダムネタとなりますが、最近実写版のガンダムのゲームがあるとの情報をキャッチしました。実写版と言えば実写版北斗の拳実写版ルパン実写版MMR等ロクな物が無いので期待出来ないと思ったのですがこれがなんと・・・予想以上のダメっぷり(苦笑)

これは絶対ネタとしておいしい!・・・と思ったのですが方々探しましたが肝心のゲームが見つからず(涙)とりあえず↓のサイトでその全貌が紹介されてますので見てみて下さい!きっと脂ぎった顔したシャアに惚れ直す事でしょう(しかもたちの悪いことに声優さんはアニメと同じらしいです)。

http://genli.hp.infoseek.co.jp/game/gundam.htm

http://blog.livedoor.jp/textsite/archives/50134759.html

P.S.もしトラウマになっても当方は一切の責任を負いませんのであしからず(はあと)
[PR]
by ray_ms06 | 2006-01-08 22:00 | ガンダム

企画倒れ

とある日の夜、なっち大佐とTELで直撃オフ会の打ち合わせをしていた時の事でした・・・。

俺「う~ん、なかなか考えがまとまらないですね~。」
大佐「まぁまだ時間はありますからね!焦らずゆっくり考えましょう。」
俺「私が焦っているだと!?それはさておき最近ブログの調子はどうですか?」
大佐「最近オチが弱い気がするんですよね~。もっとじっくりネタを練りたいんだけどそれだと更新頻度が今以上に落ちちゃうし・・・。」
俺「う~ん、俺もやってみてブログの難しさが分かりましたからねぇ・・・自分の納得いくネタにするのって大変ですよね~。」
大佐「でもレイ大尉の今後の予定は面白そうな企画ですね!ガンダムが52話のレビューとか楽しみですよ!」
俺「え?レビュー?いやガンダムはもともと52話だったのが43話に短縮されたんですよ。それでもし全52話だったらという話を書こうと思ってるんですが・・・。」
大佐「いや未放送分の話は構想だけなら既に存在しますよ。
俺「・・・そういう冗談は止めてくれないか?

え~何の事かと言うとファーストガンダムTV版は全52話の予定だったのが放送当時は視聴率が悪く43話に短縮されたのですよ。そう、我々の知っているガンダムのお話は短縮された43話分の方なのです。ンでもしガンダムが打ち切りにならず52話放送されていたらどんな話になっていたかを妄想する・・・という企画だったのですがなっち大佐のお話だと構想だけならどうやらあったみたいなんですよ。富野氏がメモに初期企画を書いたものが存在するそうなんですが・・・。というわけで気になったのででりゃあ!検索!をしましたが・・・


あった(トリビア風)


まぁ~よく考えてみれば最初は52話放送する予定だったんだから当たり前の話ですが。しかしこれでは道化だよ・・・(涙)とにかく↓のサイトにまとめが詳しく乗っているので興味のある方はぜひ見てみてくださいね☆

禁断の第4クールを見る!
[PR]
by ray_ms06 | 2005-12-23 21:53 | ガンダム

読者参加企画?

いやあ、先週の頭から続いた体調不良もようやく治りました。思えば酒で身を崩すというダメ人間の典型のような風邪のひき方でしたがこの一週間戦争の教訓を生かしつつ今週から切り替えてはりきって更新したいと思います!

さて、風邪ひいて横になってる時唐突に「最近好きなMSって5つあげるとしたらどれだろう・・・」と何故か思いあれこれ考えていました。2005年12月現在だと・・・

Mk-2、アッシマー、プロヴィデンス、ザクⅡ(緑、赤共に)、バイキングガンダム

・・・いや、皆さんの言いたいことはよ~く分かりますよ。ガンダムシリーズは数多のカッコイイMSがあるのに何故にバイキングガンダムなんだと。いや、熱で頭がボーっとしている時えんえんとバイキングガンダムがオール投げている姿を脳内で見ていたのできっとそれの影響なのでしょう(笑)

この中で一番を挙げるとしたらMk-2ですね~。あのビジュアルは他の追随を許さないぐらいカッコイイと思います。やるなフランクリン・ビダン!あとプロヴィデンスについてはあのドラグーンを放出する姿で一発で好きになりました。背中にしょってる甲羅(笑)でカッコ悪いイメージがありますが俺的にはアリですね。しかしあのデザインはプロヴィデンス(天帝)だから後光的なものをイメージして作られたのだろうか・・・。

俺はこんな感じですが、読者の皆さんの好きなMSは何でしょうか?いや、たまにはこういう企画もいいかな~と思ったので(笑)よろしければコメント欄でお聞かせ下さいね♪


追記:みなさんたくさんのコメントありがとうございます!予想以上の反響にビックリしております。いや~でもこうやってガノタの方々とガンダムについて語り合うのは楽しいですね~。今後もたまにこういう企画をやりたいと思っていますのでその時はまたよろしくお願いしますね☆あ、これからコメントしようと思っていらっしゃる方も遠慮なく好きなMSについて語ってくださいね!
[PR]
by ray_ms06 | 2005-12-18 21:46 | ガンダム

ファーストガンダム9

俺「ふう~ここ最近は忙しかったなぁ・・・全く12月は師走と言うだけあつて大変ですね!」
シャア「・・・しかしそれにしてもレビューが始まってからここまで来るのに2ヶ月経っているがいくらなんでも時間をかけすぎではないか?あと一週間も更新しないとは・・・。」
俺「うう・・・それを言われると辛いっス。どうも俺にとって作品紹介というのは気力を使う作業なのですよ。ブログ始めて約2ヶ月ですが最初はどう書いていいか分からず手探り状態でしたからねぇ・・・。そしてこの一週間はマジで忙しかったんですよ。」
シャア「ふん、まぁいい愚痴はまたの機会にでもしてもらおう。さて今回は君がファーストガンダムについて紹介する訳だが分かっているのか?」
俺「ええ分かってますよ~。・・・というもののアニメの内容については現在さときちさんdarknesswindさんが楽しいレビューを書かれていますからね~。だから俺は簡潔にご紹介しようと思います。題して『仁義なき戦い宇宙死闘篇』!それではどうぞ!」


ちゃららーちゃららー♪

血糾煉報一家のシマから最も遠い宇宙事務所災怒3慈怨組を名乗り、血糾煉報一家に独立戦争を挑んできた。この一ヶ月あまりの戦いで慈怨組と煉報一家は総組員の半分を死に至らしめた。組員はみずからの行為に恐怖した・・・。そして抗争は膠着状態に入り、八ヶ月あまりが過ぎた・・・。

煉報「おどれワシらのシマでずいぶんなめたマネしくさってくれたのう・・・ワレ、タダで済むとおもうなよゴラァ!」
慈怨「くっおどれこそウチの組に今までさんざんちょっかい出しよって・・・いてまうどがしんたれがぁ!」

そして慈怨組若頭、欺煉・坐毘の実弟の餓瑠魔・坐毘が血糾煉報一家の若い衆のヒットマンに殺られて抗争が激化!

慈怨「われぇ叔父貴の仇じゃぁ~!命(タマ)ぁとったるわぁ!!」
煉報「くっ慈怨組め次々鉄砲玉よこしおって・・・こっちもロ○アから横流ししたハジキ(MS)を使って慈怨組を壊滅させたるけんのぉ!」

ハジキを大量に入手した煉報一家は数にモノを言わせて慈怨組をシマから追い出し、ついに慈怨組の重要拠点狙露悶を落とし欺蓮の実弟の一人怒頭流・坐毘を討ち取る。そして煉報は災怒3事務所の最終防衛ラインである亜・馬汚阿・苦兎に出入りを開始した。

煉報「れ、礼薇屡のオヤジがはじかれた!クソが~慈怨組は全員皆殺しじゃあ~!」
慈怨「うわ~欺煉の兄ぃがやられた~!鬼死莉亞姉さんも死んじまった・・・も、もうだめだ~!」

かくして血糾煉報一家と慈怨組は手打ちをしたのである。完

シャア「・・・・・・・・・これで終わりか?」
俺「はい!いや~楽しいレビューでしたね!・・・あれ?シャア大佐なんで銃口をこちらに向けるのですか?」
シャア「レイ大尉・・・死んでもらう!
俺「うわ、ちょ、ちょっと!に、逃げろ~!」
[PR]
by ray_ms06 | 2005-12-11 01:04 | ガンダム

ファーストガンダムその8

シャア「さて、一年戦争の序盤もいよいよ大詰め、今回は南極条約の締結について語るぞ。・・・むっどうした?」
俺「大きな値が点いたり消えたりしている・・・あはは、大きい~!プログラムのミスかな?・・・いや、違う、違うな・・・プログラムのミスはもっとバァーってエラーが出るもんな!
シャア「・・・卒論の忙しさでその名が示すように酸素欠乏症になったか・・・。しかしブロガーは生きている限りブログを更新せねばならんのだ。」
俺「もういいのよシャア・・・私の命を吸って。そして、あなたがブログを更新・・・」
シャア「・・・ブリッジに上がれ。修正してやる。」
俺「う~ワンパターンだなぁ・・・いや、マジで今週はかなり忙しいんですよ~。でもこのシリーズもぼちぼち大詰めだし・・・やってみるさ!

シャア「1月28日、ジオン公国は緒戦の圧倒的な勝利を背景にサイド6を通じて連邦に休戦協定を持ちかけた。これは連邦に対する事実上の降伏勧告だったのだ。連邦にはこれ以上戦闘を行う戦力も気力も残っておらず、条約をのむしかないと思われた。しかし実は28日以前に連邦は極秘裏にレビル奪還作戦を開始しており、1月31日、あろうことか条約が締結される前にレビルがジオンから脱出したとの報道が流れたのだ。」

俺「ン~確かに連邦にとっては嬉しいニュースかもしれませんけどそのぐらいではジオンの優位は覆らないんだし、大した事じゃないんじゃないですか?」
シャア「いや、これによって事態は急変した。レビルはすぐさま全地球規模の演説を行い、連邦以上にジオン軍も疲弊していることを訴えたのだ。この目で見てきたと。かの有名な「ジオンに兵無し」と呼ばれる演説を行ったのだ。」
俺「じゃ、じゃあジオンの国力が連邦にばれてしまったんですね!」
シャア「ああ・・・残念ながらな。会合に出席していた連邦首脳はこの演説を受け徹底抗戦を決意したのだ。結局このとき結ばれた南極条約は休戦協定は結ばれず、核の使用禁止などの取り決めの戦時条約に留まる結果となってしまったのだ。」

俺「う~ん、歴史にもしもは無いかもしれませんけど、もしレビル将軍の脱出が遅かったら歴史は大幅に変わっていたのかもしれませんね・・・。」
シャア「まぁその可能性はあるだろうな。結局南極条約で連邦に独立を認めさせる事は出来なかったジオンは長期戦になると判断し、次なる作戦として地球侵攻作戦を開始したのだ。3月1日に第一次降下作戦を開始し、天然資源の多いオデッサ周辺に降下し占領した。3月11日の第二次作戦では北米に降下し、北米を占領した。3月18日の第三次降下作戦ではアジアに降下し、アジアの拠点の一つペキンを占領。さらに別の作戦でアフリカも手中に入れた。この三度ほどの戦力降下をHLVによっておこない、地球の約3分の2をジオンが占領したのだ。」

俺「あ、圧倒的じゃないか・・・。じゃあ今度こそジオンの勝利が確定したのですね?」
シャア「いや・・・ジオンは元々資源が少なく、広大な地球を占領するには戦線が延びきってしまい、それ以上侵攻をする力が無くなってしまったのだ。これによって大きな衝突は起きず各地で小競り合いが発生する程度の抗争になり膠着状態になったが、水面下ではジオン側はMSや陸上部隊・航空部隊の戦力増強、連邦側はV作戦のもと、RX計画(MSの開発)とビンソン計画(艦隊の再編)を発動させ、戦力の増強と一大反抗作戦のチャンスを狙っていたのだ。」

俺「う~ん、ファーストガンダムその2から本格的に解説してきましたが、ファーストガンダムの第一話に至るまでにこんな壮大なストーリーがあったんですね~。」
シャア「うむ・・・このシリーズはなかなか好評だったようで私も嬉しい。次回はファーストガンダム本編について・・・貴様に解説してもらおう!」
俺「げっ俺・・・ですか?いや~ここまで来たらシャア大佐が解説した方が・・・。」
シャア「新しい時代を作るのは老人ではない!ふっ良いブロガーになるのだな・・・。」
俺「え~そういうわけでこのシリーズも次回で大団円、次回は本編についてのストーリー紹介をしたいと思います!」
[PR]
by ray_ms06 | 2005-11-24 01:11 | ガンダム

ファーストガンダムその7

俺「今日のUPは豪華2本立て!(一つ目はこちら野球狂の方もガノタの方も楽しめる仕様となっております!」
シャア「・・・そんな心配などせずともほとんどの人はガンダムの記事しか見ないと思うぞ。」
俺「そんな、ひどい!(ドラクエⅠの王女風に)両方愛を込めてUPしているのに・・・しくしくしく。」
シャア「ブログの道を誤ったのだよ!貴様のようなガノタのなり損ないは粛清される運命なのだ、わかるか!
俺「くっ自分の心を大事にしないブログを作って何になるんだ!というわけで俺は書きたい事を書く!」
シャア「これが・・・若さか・・・。」
ガルマ「・・・どうでもいいから本題に入らないか?」

シャア「一週間戦争でコロニー落としに失敗したジオンはコロニーのジャブローへの落下を再度計画し、サイド5(ルウム)のコロニーをジャブローに落とすべくルウムに侵攻を開始した。対する連邦側はこの情報をキャッチし1月15日、残存艦艇をかき集めジオン軍に総力戦を挑んだのだ。」
俺「これが有名なルウム戦役ですね!へー元々はコロニー落としが目的だったんですね!」
ガルマ「そうなんだ。だが作戦は計画通りにいかなかった。ジオン軍はサイド5第11番コロニーに対して核パルスエンジンを装着中であったが、その作業部隊を護衛するためにMSなどの貴重な戦力を割かねばならず苦戦を強いられた。痺れを切らしたジオン軍は核パルスエンジンの装着を断念し、全部隊を連邦艦隊に差し向け壮絶な総力戦になったのだ。」

俺「う~ん、結果的にコロニー落としは再び失敗に終わったのですね・・・。あ、ルウムといえばシャア大佐の活躍が有名ですが・・・。」
シャア「ああ、赤に塗装したザクⅡで戦艦を5隻沈め、『赤い彗星』の異名で連邦軍の末端兵士にまでその名が轟き恐怖の存在となったのだ。またこの功績により少佐に特進したのだよ。自分の事をあれこれ言うのはどうも性に合わんがな・・・。」
ガルマ「はっはっは謙遜するなシャア。他にも脱出したレビルを捕虜にした黒い三連星等様々なエースパイロットが大活躍したのだ。」

俺「・・・ガルマ大佐は活躍されたのですか?」
ガルマ「ルウム戦役は連邦が主力とする宇宙戦艦はMSに対して有効な迎撃手段を持ってなかったので連邦はこのルウム戦役で大敗を喫した。一説には連邦は宇宙軍の50%以上がこの戦役で失われたという。連邦は現場指揮者であるレビルを捕虜にされ、コロニー落としは防いだもののルウムの大敗によりルナツー以外の宇宙の制空権を失いもはや事実上の降伏を受け入れるしか手段は残されていない状況になったのだ。・・・まぁジオンも少なからず被害がでたのだがな。」

俺「・・・(ごまかしたな)え~ジオンはその後連邦に対して緒戦の圧倒的な勝利を後ろ盾に休戦条約を持ちかけたんですよね?」
シャア「まぁ内容は事実上の降伏勧告だったのだがな。疲弊した連邦はもはやこれに抗う力は残っておらず条件を飲むしかないと思われたのだが・・・まぁ続きは次回に回そうか。」
俺「そうですね、今日はUPする気力も萎えてきましたし(苦笑)次回はいよいよ大詰め!南極条約の締結について語りたいと思います!」
[PR]
by ray_ms06 | 2005-11-16 01:09 | ガンダム

ファーストガンダムその6

シャア「さて、久しぶりの出番だが・・・その前に昨日までにUP出来なかった言い訳でも聞いておこうか?」
ガルマ「やはり懲罰が必要なようだな!」
俺「うう・・・今週は卒論が忙しかったのでかなり疲れているんですよ~。昨日は眠くてUPする気力が無かったんです。で、でもね、せめてコメントをよせてくれたTanakaさんにお返事をと思って今朝に研究室でコメントの返信したり、今日は必ずUPしようとこの記事を書いたりしていたんですよ!」
シャア「ほう・・・その割には昨日は野球にご執心だったようだが。」
ガルマ「さらに今日は友人から借りたガンダム一年戦争をプレイしたいが為に更新を頑張っているそうじゃないか。」
俺「ぎくっ!な、なぜそれを・・・誰に聞いた? いや、何でそんなことが気になる?あ、じゃなくてえーとえーと」
シャア「つべこべつべこべと・・・!」
俺「ひい~このパターンで怒られるのは嫌だからすぐ本題に入りましょう!」

シャア「ジオン公国はMSの開発やパイロットの育成など来るべき時に備えていたわけだが、ついに0079年1月3日、ジオン公国は地球連邦に対して宣戦布告した。後に「一年戦争」と呼ばれる戦いの火蓋が切って落とされたのだ。」
俺「うおっついに戦争が始まってしまいましたか!でもジオンにはMSという切り札はたしかにありますけど連邦との国力の差は30倍ぐらいあるんですよね?いくらなんでも無謀すぎなんじゃあ・・・。」

ガルマ「ふっその心配には及ばないよ。我が兄ギレンは戦争を短期決戦で終わらせようとした。その為にはMSの圧倒的な力を見せつけつつ敵の頭を一気に叩けばもともと志の低い地球連邦などあっという間に降伏するだろう。兄は敵の頭・・・つまり地球連邦の総司令部があるジャブローを壊滅させようと1月4日ブリティッシュ作戦を発動させたのだ。」
俺「ブリティッシュ作戦?」
シャア「ブリティッシュ作戦とはいわゆるコロニー落しだ。コロニーをジャブローに落として一気に殲滅しようという作戦なのだよ。ジオンはMS隊にサイド1、2、4のコロニーを襲撃させ、サイド2の第8番コロニー「アイランド・イフィッシュ」を正規の軌道からずらし、地球のジャブローへ落下するコースへと動かしたのだ。」

俺「さ、さすがIQ240のギレン・・・これでは地球連邦はひとたまりもないですね・・・。」
ガルマ「しかしティアンム艦隊核ミサイルによる攻撃等の地球連邦の必死の抵抗によってコロニーはアラビア半島で崩壊し、ジャブローへの落下軌道が大幅に逸れてしまったのだ。」
シャア「そして1月10日、コロニーの残塊が相次いで地球に墜落し、崩壊したコロニーの前部分はオーストラリアのシドニーに落下した。これによってオーストラリア大陸の2割弱が消滅し崩壊の際に発生した無数の破片は地球全土に降り注いだ。このコロニー落下によって地球の自転速度が速められたとさえ言われている。そして2次災害として衝撃波や津波、気象変動などが発生するという凄惨な爪跡を残す事になったのだ。地球をむやみに傷つけたのは我々にとってもあまり気分の良いものではなかったがな・・・。この1月10日までの戦争は一週間戦争と呼ばれ、全人類110億のうち30億人が死亡したと言われている・・・。」

俺「うわぁ・・・何だか空恐ろしい話ですね・・・でもそうなるとジャブローを陥落して短期決戦にするという作戦は失敗に終わったんですよね?」
ガルマ「はっはっはその心配には及ばぬよ。ジオンはコロニーのジャブローへの落下を再度計画しサイド5・・・ルウムへ攻撃を仕掛けたのだ。我がジオン公国に敗北は無い!」
シャア「(一週間戦争がいかに凄惨だったのか話したのだが能天気な・・・どうもお坊ちゃん育ちが身に染み込みすぎる。)まぁ続きは次回に語るとしよう。次回は私が戦果をあげるルウム戦役の話だ。読者も私も速やかなUPを期待しているぞ(じろっ)」
俺「う~了解です・・・では、今日はこの辺でごきげんよう~。」
[PR]
by ray_ms06 | 2005-11-11 21:19 | ガンダム

劇場版ZⅡ視聴記

注:今回はネタバレを含むのでご注意下さい。


というワケで昨日行ってきました劇場版視聴に!前回は初日なのもあってメチャ込みでしたが今回はそこまでの混雑は見られませんでしたね~。んで席に座って映画の予告の子ぎつねかわいいなぁ・・・とか思っているうちに始まったのですが開始10分でトイレに行きたくなりました。しかし根性で最後までちゃんと観ましたよ~!

今回は前作に比べてリニューアルされた映像がかなり増えている印象がありました。戦闘シーンは少なくかなりコメディー路線で、特にエゥーゴの上層部の会議のやりとりなんてTV版では考えられないワンシーンでしたね~。しかしあまりにも展開が早く、見ている側の脳がおっつかない感は否めませんでしたが。まぁZのように内容の濃い大作を3部作に縮めるとなるとどこかに無理がでてきてしまうのは仕方は無いとは思いますがね・・・ファーストの時のように途中にストーリーの展開の説明を入れた方がよかったんじゃないかな~と思いました。

しかし劇場版はアニメ版Z特有の暗めのドロドロしたストーリーが明るいタッチになっていますよね~。「新訳」と銘打つだけあって単なるZのダイジェストではないと思います。完全に別物では無いですがアニメ版とは違う作品を観ているようですね~俺はスタッフのチャレンジ精神にも勿論内容にも凄い好感を持っているのですが、そこらへんが好みの分かれる所ではないかな~と思います。

しかしエマさんがかわいかった・・・(;´Д`)パイロットスーツを半分脱いでシャツが見えてる状態で「ニュータイプ!」と言いながらカミーユの肩に顎を乗せる姿はあの場にいたガノタの多くは「ズキューン!」と来た事でしょう(笑)俺も惚れ直してしまいました。

とにかく今回もなんだかんだ言っても良い出来だったんじゃないかと思います。1回目の視聴はトイレのせいであまり集中出来ませんでしたが近いうちに2回目を観に行って改めて詳しく感想を述べたいと思います!

最後に・・・今回も勿論パンフは購入したのですがマウアーって17歳だったんですね。17といえば女子高生ですよ!ジェリドは24歳で女子高生に守ってもらった訳か・・・。しかしハマーン様20歳もそうですが未だにマウアーが17歳とは信じられません(笑)
[PR]
by ray_ms06 | 2005-11-04 21:00 | ガンダム



T樫大尉とか言われない様に今後は頑張らねば。
管理人プロフィール
名前:レイ大尉
性別:男
ガノタ歴:6年
スロット歴:7年

趣味:コーヒー作り、スロット、読書(ほぼマンガ)、野球観戦etc

好きなアーティスト:L'Arc~en~Ciel、Gackt、シャルロット・チャーチ

好きな食べ物:カレー、すし、レバ刺し

好きな酒:ビール(特にエビスとモルツ)、ウイスキー(ロックやハイボールで)

お世話になってる方々

直撃を受けているのか!?~ガンダム名セリフ講座~

neverworld

ハロウィンと黒猫

ビバ!ガンダム

ぽんぽんだりや

もくばにのって

ガノタ☆凱機知 大いに語る

ガンダム徒然

間者・しぶ吉

半舷上陸にかこつけて
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
ナイキ サッカーシューズ..
from ナイキ サッカーシューズ が激安
リバウンドなく痩せられる..
from リバウンドなしで痩せられる最..
かわいい男の子たちにメロ..
from 暇な時間の過ごし方
ガンダム シード デステ..
from ガンダム シード デスティニ..
MSの重さについて考えてみる
from ビバ!ガンダム
レイオフ・番外編
from 半舷上陸にかこつけて
アンジャッシュのしりとり..
from http://owarai-..
レイオフ告知板
from neverland
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧